ブラックでも中古車を分割購入出来るのが自社ローンというシステム

5年前に自己破産をしたけれど、車をローンで購入したい、でも自動車ローンを申し込みしても審査落ちしてしまうのではと思う人がほとんどだと思います。

ブラックでも、中古車をローンで買いたいんだけど、何とか審査に通る可能性はあるのか??

CICやJICCなどの信用情報にブラックな経歴があると、「ローンの審査」と聞くだけで不安になりますよね。

でも、ブラックでも分割で中古車を購入する方法があるんです。

ブラックでも分割で車が買えるのが「自社ローン」

車がどうしても欲しいんだけど、過去に借金で債務整理してしまったから、普通の自動車ローンが組めない、、、どうにかローンで車を購入出来る方法がないかなと考える人は多いと思います。

当然ながら、現金一括で車を購入出来るほどの貯金がない方がほとんどだと思います。

そんな悩みをお持ちの方にオススメなのが「自社ローン」というシステムです。

自社ローンの注意点

自社ローンとは、オートローンの審査が通らない人でも分割で車が買えるシステムなんです。

過去に自己破産や任意整理などの債務整理を行って、現在では携帯電話の割賦契約も出来ないブラックの人でも、ローンで中古車を購入できるんです。

通常、自動車を購入する場合は、ジャックスやセディナ、オリコなどの信販会社や銀行系のローンを利用します。

しかし、自社ローンはこのような信販会社を利用せずに、中古車販売店が独自審査を行いお客様とローンを組むシステムです。

ブラックでも車を分割で買えると聞くと、とっても便利なローンだと思う人もおられると思いますが、自社ローンを利用するには注意点があります。

自社ローンと言っても、誰でも審査に通るわけではありません、自社ローンを利用するにはちょっとしたコツがあります。

自社ローンで車を購入したい人は、申し込みする前にきちんと注意点を確認して下さい。

自社ローンを利用するための条件とは?

自社ローンは、金利0円で購入できるシステムなんです。

なぜ金利が必要ないのかというと、金利を取って中古車を販売するには「貸金業」の免許が必要になってしまうんです。

貸金業の免許を持っている中古車販売店というのは、ほとんどないので、自社ローンは金利0円で販売しているんです。

自社ローン審査基準

自社ローンは、ローン会社を通さずに、販売店の独自の審査で分割払いを受け付けているので、通常のオートローンような、48回や60回などの長期の分割は出来ません。

自社ローンの審査は、販売店によって変わってくるので、販売店ごとに確認が必要になりますが、ある程度の条件はあります。

まず、仕事をされているか、きちんと支払いが出来るかが大切になります、パートやアルバイトでも定期的な収入があり、支払いが出来そうならローンが可能な場合もあります。

基本的に、身内の方の保証人を要求される場合が多いです、ただ保証人になってくれる人がいないという人も多いのが実情だと思います。

そんな人でも、自社ローンを利用できる販売店もあります。

保証会社というシステムを採用している中古車販売店なら、保証人が必要なく自社ローンを利用できます。

保証人を立てられない場合は、こういった保証会社経由の自社ローンを使う方法もあります。

このように、自社ローンの審査というのは、販売店の審査次第なんです、わかりやすくいうと、販売店の社長に気に入ってもらえば自社ローンを使えるし、嫌われたら自社ローンが使えないというような感覚です。

自社ローンの最低条件は、やはり定職について定収入があるということが必要になります。

自社ローンの手数料(総支払額)はいくら?

自社ローンは、金利が0円ですが、金利の代わりに手数料という名目で車両代金に上乗せされて販売されます。

ホームページでは、手数料が10.5%〜と明示している販売店もあります。

自社ローンの手数料は、ほとんどのお店で10%〜15%前後になっていますが、悪徳な販売店も存在しており、手数料として30%〜40%も取っている販売店もあります。

安心の自社ローン販売店を探すならカーセンサーで!

自社ローンは、販売店の独自審査なので、手数料も様々です、実際に悪徳な中古車販売店も存在します、「お前は、ブラックだからどうせウチしか買えないんだろう?」と足元を守られて高額な手数料を要求してくる販売店もあるので注意が必要です。

自社ローンで購入できる中古車の価格はいくらまで?

自社ローンは、販売店とお客様が直接契約するローンなので、販売店としては出来る限り短い期間でローンを回収したいんです。

基本的に、自社ローンはブラックの人に融資を行うので、販売店としては、短期間で低価格の車を販売したいんです。

自社ローンの価格

高額な車を販売すると、販売店の立て替え金額が大きくなるので、リスクが高まるので、高額な車を取り扱う販売店は少ないんです。

目安としては、約50万〜80万円くらいまでで、分割回数も最大12回〜18回くらいの販売店が多いです。

と言っても、自社ローンは販売店のさじ加減一つになるので、高額な車や輸入車を自社ローンで販売している販売店もあります。

ただ基本的には、自社ローンは、それほど高くない車を、短い期間で販売するのが基本になります。

自社ローンの申し込みで必要な書類は?

自社ローンの申し込みで最低限必要なものは、4点になります。

  • 運転免許証(コピーでも可能)
  • 源泉徴収票(収入が証明出来る書類)
  • 車庫証明
  • 印鑑

当然ながら、運転免許証は必要ですが、定収入があることの証明書も必要になります、あとは印鑑も必要になります。

そして忘れてはいけないのが、車庫証明です。

車を保管できる状況にあるのかどうかを販売店が確認します。

車庫証明は販売店で取ってくれる場合もありますが、自分で取ればかなり安い価格で取ることが出来ますよ。

自社ローンの審査基準は?

自社ローンといっても、ローンには間違いありません、ということは審査が必要になります。

自社ローンは、販売店とお客様が直接ローンを組む仕組みなので、販売店がお客様を面接して、「この人は、きちんと支払いしてくれるのか?」と言う事を判断します。

住所や、毎月の収入がちゃんとあるかを確認されます、過去の信用情報より、現在の状況を細かく聞かれます。

販売店が、この人は大丈夫だな!と判断すれば、自社ローンで車を購入出来ることになります。

支払い回数や手数料などの条件も、販売店によって対応が違います。

自社ローンというのは、販売店によって何もかも違うといってもいいくらい問い合わせしてみないとわからないのが実情です。

優良な自社ローンの車を探す方法は?

自社ローンで車を探す方法は簡単です。

ただ、先ほども言ったように、自社ローンの取扱店は悪質な手数料をぼったくる販売店もあります。

そんな悪徳な中古車販売店に騙されないようにするには、カーセンサーで探すのが一番です。

カーセンサーのホームページや、スマホアプリで、検索窓に「自社ローン」と入れるとたくさんの自社ローンの車が出てきます。

下記のリンクでは、カーセンサーの自社ローン対応の車だけ検索結果が出てくるようにしました、すぐに自社ローン対応の車が探せるのでよろしければお使いください。

カーセンサーでの「自社ローン」対応の車の検索結果はこちら

カーセンサーなら、優良な販売店しか記載されていないので、安心して購入する事が出来ます。

どうしても車が必要な人で、通常の自動車ローンの審査が通らないブラックの人には、自社ローンは強い味方になってくれます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする